スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セゾン投信 手数料の確認

基本情報技術者の試験も終わり、簿記の勉強とセゾン投信の購入に向けて勉強をしはじめました。

まずは、セゾン投信(の手数料)について。

ノーロード(販売手数料)がかからず、信託報酬も年0.77%+-0.02%ということで、手数料はかなり安めですが、他にどういった費用がかかるのかを調べるために、投資信託説明書(交付目論見書)2009年9月のものを読んでいます。

4ページに記載されている「費用と税金」という節を読むと、

費用としては、

「申込手数料」
「換金(解約)手数料」
「信託報酬等」
「その他の手数料等」


の四つが挙げられています。

「申込手数料」は0円。「換金(解約)手数料」も0円。ただし、解約受付日の翌々営業日の基準価額に対して、0.1%の信託財産留保額が控除される、とあります。

信託財産留保額
投資信託を中途解約する際に、解約代金の中から信託財産に残さなければならないおカネ。例えば、元本1万円につき10円、あるいは売却時に基準価額の0.1%などというような取られ方をする。簡単にいえば中途解約手数料のようなもの。解約があると、ファンドは信託財産から解約金を返すことになるわけだが、有価証券で運用しているため組み入れ有価証券を売却しなければならず、それに要するコスト(売買委託手数料など)分を解約する人が負担する、というのが本来の意味合い。信託財産留保額は解約時に徴収されるのが一般的だが、中には購入時に信託財産留保額がかかる投資信託もある。ただし、すべての投資信託に留保額がかかるわけではない。

http://money.goo.ne.jp/savings/savings/words/fi63ag000000s9ih.htmlより引用。



下記のサイトでは、留保額が0.3%で、基準価額15,000円のときに100万口換金する場合、実際に受け取る金額がいくらになるのか例示されており勉強になります。

ケース3 信託財産留保額が引かれるってホント?
http://www.nam.co.jp/seminar/rescue/realize/a03.html

気になるのは、換金する際の振込手数料です。セゾン投信のサイトにあるFAQを調べてみると、

http://www.saison-am.co.jp/question/question_a02.html#04


Q: 解約代金の振込にかかる手数料は誰が負担するのですか?
A: ご解約時の当社からお客様への解約代金の振込手数料は当社が負担いたします。



とありました。で、目に入ったのが

Q:購入代金の振込にかかる手数料は誰が負担するのですか?
A:ご購入代金のお振込金手数料はお客様にご負担いただいております(金融機関により異なります)。



折角のノーロードなのに、振込手数料で毎回数百円とられては年にすると一回300円でも3,600円。ばかにならないコストだなと思ったら、あくまで「振込手数料」で自動引き落としにすると「引落手数料」無料になるとのことです(定期積立プラン申込書にそのように明記されていました)。

そして、気になるのが費用の四つめとして挙げられている「その他の手数料」です。

内容を引用します。

①信託財産に係る監査報酬および当該監査報酬に係る消費税等相当額は、毎計算期間の六ヶ月終了日、および毎計算期末または信託終了のときに信託財産から支払われます。ただし、委託会社は、信託財産の規模等を考慮し、かかる費用の一部を委託会社の負担することができます。

②信託財産に関する租税、信託事務の処理に要する諸費用、受託会社の立て替えた立替金の利息、借入金の利息および借り入れに係る品借料は、受益者の負担とし、信託財産中から思弁します。

③上記の信託事務の処理に要する諸費用には、以下のものが含まれます。
・有価証券の売買の際に発生する証券取引に伴う手数料
・有価証券の保管に要する費用



これらの費用が実際にどれくらいの金額、パーセンテージになるか要確認ですね。明日あたり、セゾン投信に直接電話をして確認しようと思います。

目論見書を見ていて心配になったのが、BS/PLの内容です。セゾン投信のサイトにも掲載されています。

平成19年分
http://www.saison-am.co.jp/pdf/BSPL_H19.pdf

平成20年分
http://www.saison-am.co.jp/pdf/BSPL_H20.pdf

共に利益は出ておらず損失が出ています。投資信託のBS/PLをどのように読み解けばいいのか、知識がありませんが、やはり損失が続いているのは不安です。

モーニングスターで調べてみると、2009年になってからは基準価額も回復しトータルリターンも2.1%、8.1%、4.3%と推移して来ているので、昨年の損失はリーマンショックの影響による一時的なものかと思います。

モーニングスターにあるセゾン投信の詳細ページ
http://www.morningstar.co.jp/new_fund/sr_detail_retn.asp?fnc=96311073

ですけど、これを機会に投信信託のBS/PLの内容について、いろいろと勉強をしたいと思います。けど、何をみて勉強すればいいのか、イマイチわかりません。

うむ。


投資一般の勉強としては、昨日今日と下記三冊を読みました。

金融広告を読め どれが当たりで、どれがハズレか (光文社新書)
金融広告を読め どれが当たりで、どれがハズレか (光文社新書)
光文社 2005-05-17
売り上げランキング : 13461

おすすめ平均 star
starなかなか手の込んだ広告だったんですね
star金融商品のカモになるな
starボッタクリの現実

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


投資信託にだまされるな!
スポンサーサイト
写真素材 PIXTA
価格.com自動車保険 比較・見積もり
Search
Profile

Author: Makoto
外資金融系企業のIT部門で働いています。キャリアップを目指してIT系、英語系を中心に資格取得を目指して勉強中。
趣味は写真撮影、など。

Calendar
09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Latest Entry
Archive
Category
Latest Comment
Latest Trackback
e-Words
RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。