スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岩瀬大輔『生命保険のカラクリ』文藝春秋

無料ダウンロードして冒頭を読んだきりでしたが、本日、本書を購入し読了。

生命保険のカラクリ (文春新書)
生命保険のカラクリ (文春新書)岩瀬 大輔

文藝春秋 2009-10-17
売り上げランキング : 2549

おすすめ平均 star
star非常にわかりやすいが
star損してる気がする
star保険について頭の中が整理される

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「いざというときの保険金」を得るための手数料である「付加保険料」を意識しよう。その手数料は自分が得たいと考えているサービスにみあったものなのか考えよう。そのためにも、自分が得たいサービスとは何なのか、考え直してみよう。

といったことが、僕が本書から受け取ったメッセージです。

アルファブロガーの小飼弾氏も本書を取り上げています。


愛と利益と - 書評 - 生命保険のカラクリ
http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/51307506.html

小飼氏が取り上げている細分化の課題ですが、生命保険も自動車保険と同じように細分化が進み「標準体」以下が、保険を購入できなくなった場合は、アメリカのProgressive社のような会社が登場することが一つの解になるのかな、と感じてます。

Progressive
http://www.progressive.com/

プログレッシブ社に関しては以下の記事が参考になります。

プログレッシブ保険 - SGN Pacific Insurance Brokerage, Inc.
http://www.sgnpacific.com/hoken/report31.htm

ライフネット生命については以下のエントリーも参考になるかと。

ライフネット生命というより、出口社長というオヤジが凄かった (前ふり)
http://kirik.tea-nifty.com/diary/2009/10/post-e854.html



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

いつも楽しく観ております。
また遊びにきます。
ありがとうございます。

Re: No title

コメントありがとうございます。
楽しみにして頂けて嬉しいです。
今後も、よろしくお願い致します。
写真素材 PIXTA
価格.com自動車保険 比較・見積もり
Search
Profile

Author: Makoto
外資金融系企業のIT部門で働いています。キャリアップを目指してIT系、英語系を中心に資格取得を目指して勉強中。
趣味は写真撮影、など。

Calendar
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
Latest Entry
Archive
Category
Latest Comment
Latest Trackback
e-Words
RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。