スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「需要の平準化」星野リゾート代表取締役社長  星野佳路

星野リゾート代表取締役社長 、星野佳路氏のインタビューがITproに掲載されています。

星野リゾート
http://www.hoshinoresort.com/

サービス産業の生産性を高める決め手は、連休の分散化
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Interview/20091026/339411/?ST=management&P=1

足元を見ると、円高と世界的な金融・経済危機の影響で外国人旅行客増加の勢いは止まっているのはないですか。

短期的には、そういうことが起こっていますね。ただ、中長期的なトレンドで見れば、外国人旅行客を増やすことは、観光庁も後押ししており、2020年に年間2000万人を目指しています。今後10年間でボリュームが2倍以上になると予想できる産業って、あまりないですよね。

 世界の観光大国は、だいたい年間3000万人以上の外国人旅行客を集めています。フランス、スペイン、アメリカ、中国、イタリアが5大観光大国ですが、スペインはなんと人口が6000万人の国なのに、7600万人を集めるんですよ。

日本の観光産業は、本来のポテンシャルが全く生かされていない

 一方、日本は年間約835万人です。観光大国になるための条件は、国の知名度と交通アクセスと安全といわれていますが、この3つで日本は全然負けていない。それなのに835万人というのは、本来のポテンシャルが全く生かされてないのではないかと、私はそういう感覚を持っていますね。


スペインは年間7,600万人の観光客が訪れるんですね。それに対して日本は835万人。伸びしろがまだまだあるはずですね。

星野氏はNHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀」の第一回目で取り上げられて人物です。

"信じる力"が人を動かす 経営者 星野佳路
https://www.nhk.or.jp/professional/backnumber/060110/index.html

YouTubeに「経済危機克服のための『有識者会合』」での星野氏の提案が掲載されています。

経済危機克服のための「有識者会合」
http://www.kantei.go.jp/jp/keizai_kaigou/index.html














来年の8月に通訳案内士の試験を受験するので、この手の話はとても勉強になります。
http://www.jnto.go.jp/jpn/interpreter_guide_exams/index.html

「需要の平準化」「家族旅行」「インバウンド」などがキーワードになっていますね。

星野氏の勢いに対して、先生方テンションが。。。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

写真素材 PIXTA
価格.com自動車保険 比較・見積もり
Search
Profile

itandenglish

Author: Makoto
外資金融系企業のIT部門で働いています。キャリアップを目指してIT系、英語系を中心に資格取得を目指して勉強中。
趣味は写真撮影、など。

Calendar
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Latest Entry
Archive
Category
Latest Comment
Latest Trackback
e-Words
RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。